知っていれば予防できる!生活習慣病の原因と対策

超高齢社会に突入した現在、日本人の誰しも生活習慣病にかかる可能性をもっています。

なかでも糖尿病や高血圧症、心臓病といった生活習慣病は、命に関わるケースもあることから、放置しておくのは大変危険です。

命を奪いうる生活習慣病の原因と、その予防方法についてご紹介します。

生活習慣病を引き起こす原因

1.偏りのある食生活

好き嫌いが多い人や、外食やインスタント食品に毎日の食事を頼っている人は、生活習慣病にかかりやすい傾向があります。

偏った食生活を送っていると健康維持のために必要不可欠な栄養が十分に摂取できないこと、
また外食やインスタント食品には過度な塩分が含まれていることが多いからです。

そして、仕事の多忙などで不規則な生活が続いて食事の時間が遅くなったり、接待や付き合いで暴飲暴食が続いたりすることで、体調を崩してそのまま重大な病気にかかってしまう場合もあります。

外食やコンビニのお惣菜、インスタント食品を毎日食べていると、必然的に野菜不足に陥ります。

野菜には、健康維持に不可欠なビタミン類やミネラル、食物繊維といった成分が含まれています。

ビタミン類は、ウイルスやアレルギーに対する免疫力を高めることから、不足すると風邪をひきやすくなります。

人間の生命活動のもとになるミネラル、腸内環境を整えて代謝をよくする食物繊維も同様に、
十分に摂取できていないと、遅かれ早かれ体調に変化が現れます。

つまり、これらの栄養素が不足すると疲れやすくなり、免疫力も低下して、生活習慣病にかかりやすくなるのです。

塩分を過剰に摂取すると、身体がむくんだり、高血圧になったりするのは誰もが知るところです。

甘いお菓子やファストフード、スナック菓子を毎日食べていると、必要以上の糖分や脂質を摂取することになり、最悪の場合は、糖尿病や脂質異常症などの重大な疾患を引き起こします。
暴飲暴食や喫煙も同様です。

寝坊して朝食を抜き、夜遅くに食事をする生活では、急激に血糖値が上昇したり、内臓に負担がかかったりします。

胃腸に対してもやさしくなく、胃炎の原因にもなったりします。。

さらにアルコールの過剰摂取は血液中の水分を奪い去ってドロドロにして、脳梗塞などの発症リスクを確実に上げます。

喫煙による心臓や血管、肺への悪影響も明確に示されています。

2.ストレス

現代社会はストレスにまみれている人が多いです。

残業続きの毎日などで、ストレスを溜め込むと、身体中の血液の循環が悪くなり、必要な栄養素が全身にうまく運ばれなくなります。

また、ストレスが無意識のうちに血圧を上昇させて、心臓に負担をかけます。

ストレスから暴飲暴食に走ってしまうと、さらなる悪循環が生まれます。

一日中リラックスできない状態が続くと、精神状態も悪くなり、結果的に身体の免疫力も低下してあらゆる病気を引き起こします。

3.不規則な生活

夜更かしが続いたり、平日の仕事疲れを解消しようと休日に1日中寝ていたりすると、体内時計と呼ばれる身体のリズムが狂ってきます。

身体のリズムがいったん狂うと、自律神経失調症などを引き起こしかねません。

睡眠不足の状態が続くと、疲労が溜まる一方で解消されず、免疫力が落ちてあらゆる病気にかかりやすくなるでしょう。

4.運動不足

運動不足は万病のもとといわれます。

全身の血液の流れが悪くなり、体温も低くなります。

体温が低い人は、免疫力も低下しがちです。

運動しなければ筋力が落ちて、年齢とともに体力がなくなり疲れやすさを感じるようになります。

また、代謝が悪くなることで、各種内臓の機能も衰える一方になります。

生活習慣病を予防するには?

1.バランスの良い食生活を心がける

人間の身体の健康は、口から摂取したもので形作られるといえます。

外食やインスタント食品に頼る食生活を長年続けると、その影響は必ず身体と心に現れます。

その代表格が生活習慣病なのです。

生活習慣病を予防するためには、まず毎日の食生活を見直す必要があります。

ビタミンや食物繊維を効率的に摂取できるよう、野菜をたくさん使った和食中心のメニューを心がけるとよいでしょう。

自炊ではなく外食の場合でも、サラダや野菜の煮物を1品増やすことで十分対応できます。

それに加えて、忙しい人は食物繊維を豊富に含んだ青汁や、ビタミン類のサプリメントを飲むことで、必要な栄養素を補足することも効果的でしょう。

ビタミン以外にも、鉄分や亜鉛、カリウムなどさまざまな栄養素が不足しがちです。

どのような食べ物に、何の栄養素が含まれているのかを理解して、

食生活に積極的に取り入れていく姿勢が重要です。

2.適度な運動と規則正しい生活

年齢を重ねるにつれて、運動不足に陥る人は多いものです。

毎日継続して身体を動かすことは、血管や内臓の機能を正常に働かせるために効果的です。

あまりに多忙で、運動を習慣化するのが難しい人は、電車通勤の際に階段を利用したり、
一駅余分に歩くなど、日常生活の中でちょっとしたことを心がける工夫をしてみましょう。

軽い運動でもストレス発散につながり、全身の血流や代謝がよくなります。

また早寝早起きを心がけて規則正しい生活リズムにすると、自然と暴飲暴食も減ります。

しっかり睡眠を摂ることも、生活習慣病の予防につながるでしょう。

当サイトのおすすめ商品は?

藍の青汁は3種の青汁原料と国産の藍の効果によりこれまでの青汁と比べて濃くて美味しく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする