もう「むくみ」に悩まない!原因とその解決方法とは?

「むくみ」を経験したことがない人は、いないといっても過言ではありません。

自覚症状として最もよく挙げられるのは足ですが、実は手や指、顔などの身体中のあらゆる部位でむくみは起こりえます。

今回は、そのようなむくみに悩まなくてよいよう、原因と解消方法についてご紹介します。

むくみの原理

むくみはとは、全身を流れている血液中の水分が、肌の構造の一番下にある組織、つまり皮下組織に過剰に滞ってしまっている状態のことを指します。

本来なら、心臓から体内に送り出された血液は動脈を経由して、身体中に人間が生きていくやめに必要不可欠な水分や栄養を届けます。

同時に、不要になった水分や老廃物を静脈を通して再び循環させます。

しかし、なんらかの原因で、不要な水分が身体に再循環することができず、特定の部位たとえば足に滞ってしまう状態のことがむくみと呼ばれています。

むくみを引き起こす原因

1:立っている状態、座っている状態が長時間続く

サービス業などで立ち仕事をしている人、もしくはオフィスで1日中座り仕事をしている人は、仕事終わりに足がパンパンにむくんでいる体験をしたことがあるでしょう。

朝にはすんなり入ったはずの靴がきつくなって脱げにくくなったり、靴下のゴムの跡がついたりするなどで、足の異変に気が付くことが多いものです。

なぜこのような状態になるのでしょうか。

これは、長時間立ったままの状態を保つと、2本足で立つ人体の構造上、重力の影響で血液が身体の下部に下がり、結果的に足に貯留されてしまうことが原因です。

同じように、デスクで座り仕事を長時間続けていると、足を下げた状態を続けていることになるので血液も下がってむくみやすくなります。

2:運動不足

足の筋肉は、心臓から送り出された血液を全身に循環させるためのポンプとしての役割を果たしています。

そのため、運動不足のため足の筋力が弱っていると、ポンプとして十分に機能することができず、足に水分が溜まってしまいます。

ポンプとしての機能が低下すると、足の指先まで血液が届きにくくなり、血行不良や末端冷え性も引き起こすおそれがあります。

3:水分の塩分の過剰摂取

水分と塩分を必要以上に摂取すると、むくみが引き起こされます。

人間の体内の塩分濃度は決まっており、過剰に塩分を摂ると水分を溜め込んで正常な塩分濃度に戻そうと身体が防衛反応をとります。

この状態がむくみを生み出しているのです。

塩分が多いため注意すべき食べ物を挙げると、漬物、ハム、ベーコン、練り物、ラーメンなどがです。

むくみやすさを自覚している人は、これらの食べ物を頻繁に食べないよう気を付けましょう。

むくみを解消するには

1:習慣的に運動をして筋力を鍛える

足、特にふくらはぎの筋肉が鍛えられると、血液を身体中に循環させる為のポンプとしての機能が上昇します。

足のポンプがうまく機能すると、足に滞りがちな血液を心臓に押し戻す働きが強くなり、むくみの軽減につながります。

足のむくみは癖になりやすいため、習慣かしないように筋力を鍛え続けることをおすすめします。

気分転換も兼ねて、1日10分のウォーキングからスタートしてみるのはいかがでしょうか。

2:水分排出のためカリウムを豊富に含む食べ物を摂取する

むくみを解消するためには、身体の中に余分に溜まった水分を排出する必要があります。
余分な水分は、尿として排出されます。

そのため、利尿作用の高い栄養素であるカリウムを豊富に含んでいる食べ物を摂取するといいでしょう。

カリウムを豊富に含む食べ物としては、スイカ、きゅうり、アボカド、パセリ、ほうれんそうなどが挙げられます。

そのまま食べたり、サラダに入れたりするなど、普段の食生活で取り入れやすいものが多いので、むくみに悩んでいる人はぜひ積極的に摂取するようにしてください。

3:お風呂で血流を促進する

食生活にプラスして、身体の外側から血液の流れをよくすることもできます。

忙しくても、毎日お風呂に20分以上浸かることを心がけると、全身の血流がよくなってむくみの解消につながります。

しかしながら、1点注意すべきことがあります。

あまりに熱いお湯に浸かると、身体が興奮状態になって睡眠に入りにくくなるおそれがあります。

あくまでリラックスできるような温度に設定しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする