美容の大敵!乾燥肌の原因としっかりとした効き目がある治し方

季節を問わず、肌の乾燥に悩む人は多いです。

また、普段は気にならないのに、秋冬にかけて肌がピリピリしたり、洗顔をすると乾燥して肌が痛むという人もいるでしょう。

せっかくきれいにメイクをしても、肌が乾燥で粉を吹いていたり、うるおいがみられなかったりすると台無しです。

乾燥肌を治すためには、まずはその原因をよく理解し、効果の高い治し方を実践する必要があります。

今回は、そのような「美肌の大敵」ともいえる乾燥肌を目に見えてしっかりと治す方法をお伝えします。

なぜ肌は乾燥する?乾燥肌の原因

1:不健康で、偏りのある食事のとり方

肌の乾燥に気が付いたとき、一般的に多くの人はうるおい重視を売り文句にした化粧水に変えたり、普段のスキンケアに美容液をプラスしようとするなど、肌の外側・表面からうるおいを追加しようと考えます。

しかしながら、乾燥肌を引き起こすは外的な要因だけではなく、身体の内側に問題がある場合が多々あります。

そのような場合には、まずは自分の身体に何が足りていないのかをよく考えて、乾燥肌の原因を解明することが重要です。

身体の内側の問題に目を向けずに、外側からスキンケアを重ねるばかりでは、思うような効果は出ない可能性が高いです。

乾燥肌の原因として有名なのは、偏った食事による栄養不足です。

肌の調子と食事の間には切っても切れない関係があります。

偏った食生活によって身体の代謝が悪くなると、肌の表面の油分が減ることにつながります。
この状態が続くと、肌の乾燥が進みます。

乾燥肌の人が避けたほうがよい食べ物をいくつか挙げると、コーヒー、ファストフード全般、スナック菓子、アイスクリームなどです。

上記のような食べ物は、余分な塩分が含まれていたり、身体を冷やす作用があることから代謝を悪くし、結果的に肌の乾燥を進ませることになります。

2:誤った知識によるスキンケア

乾燥肌を悪化させる大きな原因として、良かれとおもって行っているスキンケアが誤っている場合があります。

肌の乾燥に悩んでいる人は、肌の調子を回復させたいという一心から、過度なスキンケアをしてしまいがちです。

たとえば、頻繁に洗顔をして化粧水や美容液で保湿を重ねたりします。

ところがいくら気を付けても、洗顔という肌の摩擦によって肌表面に細かな傷がつき、肌のうるおいを保つ力を低下させてしまいます。

肌をこすると、肌荒れなどの炎症や、色素沈着(シミ)をができかねないので、必要以上のケアは避けましょう。

さらに、洗顔回数が増えるほど、肌にとって必要な油分までお湯で洗い流されてしまうので良くありません。

洗顔時のお湯の温度も高すぎると、肌を一層乾燥させますので気を付けるべきです。

3:過度なエアコンを長時間浴びる

仕事場がエアコンの効いたオフィスであり、一日の大半を室内で過ごしている人は、
過度なエアコンの風を浴びています。

この生活スタイルが、乾燥肌を引き起こしている可能性は高いです。

エアコンがよく効いている室内は、いうまでもなく空気が乾燥しています。

空気の乾燥は、肌から必要な皮脂と水分を奪い去ります。

また、夏は短時間の外出でも汗をかきがちです。

肌のテカりが気になって脂取り紙を使用するか、一日に何度も顔を洗う人ってさっぱりする人も多いでしょう。

これらの習慣は、肌のうるおい不足を補おうと自然と分泌される皮脂まで取り去ってしまうので、乾燥肌の原因となります。

乾燥肌を根本から治す方法

1:バランスの良い食事を心がける

野菜やお肉、乳製品など好き嫌いなくバランスよく食べることは、健康にも美肌にもよい影響を与えます。

つまり、乾燥肌を改善したければ、毎日の食生活に気を付けることが最も近道なのです。

そして皮膚の乾燥を防ぐためには、身体の血行を良くして新陳代謝を促す必要があります。

新陳代謝を促進させる効果が期待できる栄養素を、普段の食事で摂取することが大切です。

そのような効果を期待できる食べ物を具体的に挙げると、レバー、豚肉、レモン、胡麻、こんにゃく、たらこなどです。

これらには、新陳代謝を促進したり、肌のうるおいを保つ手助けをする栄養素であるビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リレノン酸などが含まれています。

自炊でも、外食でもこれらの栄養素が含まれた食べ物を積極的にとっていくとよいでしょう。

2:肌に対する正しい知識をもってスキンケアを行う

乾燥肌に限らず、肌の不調に悩む人は、人一倍熱心にスキンケアをしがちです。

しかしながら、誤った知識によるスキンケアを続けると肌を傷つけてしまいます。
肌が傷つくと、乾燥肌につながります。

そのため、まずは肌に良いことについて正しい知識をもつことが大切です。

そのうえで適切なスキンケアを行うと、肌の変化を実感することができるはずです。

特に間違ってしまいがちなのが、洗顔や肌の摩擦に関することです。

一日に何度も必要以上に洗顔をしない
スキンケアの際に強く肌を擦らない
洗浄力が強すぎる洗顔料を使わない
熱いお湯ではなくぬるま湯で洗顔する
洗顔後はタオルで擦らずやさしく押さえて水分を吸収する
メイクをしたまま眠らず必ずクレンジングをする

といったことを気を付けるだけで、随分乾燥肌は改善されます。

新しいスキンケア用品を買う必要もありませんので、今日から実践してみてください。

3:エアコンが効いているところでは水分補給を欠かさない

エアコンが過度に効いているオフィスに長時間いると、肌が乾燥しがちです。

肌の乾燥を防ぐために、水分を頻繁に摂りましょう。

さらに。顔の皮脂が気になっても脂取り紙を使うと必要な油分まで取ってしまうので、ハンカチなどで軽く顔を押さえるだけにしてください。

また、最近はオフィスで気軽に使える、いい香りのする化粧水ミストもさまざまなブランドから発売されていますので、お気に入りを見つけて常備するのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする