知らないと損!アンチエイジングに効果的な3つの方法

人は誰しも、加齢と共に身体の水分量が減少し、肌のハリやうるおいが失われていきます。

これがいわゆる「肌の老化」と呼ばれる現象です。

しかしながら、加齢による肌の老化をそのまま放っておく必要はありません。

ちょっとした知識と心がけによって、年齢を重ねても、うるおいに満ちてハリのある肌を保つことができるのです。

今回は、アンチエイジングに取り組む人に知っておいてほしい3つの効果的な方法を紹介します。

1:「抗酸化作用」をもつ食べ物を積極的に食べる

食事とアンチエイジングの間には、切っても切れない関係があります。

アンチエイジングのカギとなるのは、体の酸化の予防です。

つまり、「抗酸化作用」が高い食べ物を食べると、アンチエイジングに効果があるということです。

抗酸化作用が高い食べ物としては、バナナ、かぼちゃ、人参、キャベツ、ブロッコリー、ケール、ニンニク、蕎麦、大豆などが有名です。

なかでも、バナナの抗酸化作用は高く、それに加えて豊富な食物繊維を含んでいます。

気軽に食べられるバナナは、1日に1本は必ず摂ることを心がけたい食べ物です。

かぼちゃや人参などのいわゆる緑黄色野菜に含まれるカロチンという成分もまた、

抗酸化作用をもつといわれています。

これらの食べ物を普段の食事から積極的に摂取するようにすると、アンチエイジングの効果がアップするでしょう。

2:有酸素運動と無酸素運動を習慣にする

年齢を重ねるにつれて、運動不足になる人は多いでしょう。

運動不足は万病のもとといわれますが、筋力を低下させ、新陳代謝の悪化を招きます。

これらは、身体の内側から老いを加速させていく大きな要因のひとつとなります。

予防するためには、有酸素運動と無酸素運動の両方を習慣化させることが必要です。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、ゆっくりと長く泳ぐ水泳といった、比較的負荷が少ない動きを継続して行う運動のことです。

一方、無酸素運動とは、腕立て伏せや腹筋といった筋力アップトレーニングのように、負荷が大きい動きを瞬間的に行う運動のことをいいます。

この2種類の運動は、作用にも違いがあります。

有酸素運動は、心肺能力を強化し、汗を流す事によって新陳代謝を促進します。

無酸素運動は、筋力を強化することよって、基礎代謝の促進が期待されます。

どちらもバランスよく鍛えていくとよいでしょう。

運動によってシェイプアップを達成し、身体の内側と外側の両面から実年齢以上に若くなることを目指しましょう。

3:質の高い睡眠で健康と美容に好影響を与える

22時~2時までの間は、「肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。

なぜなら、肌の再生が促される成長ホルモンが最も分泌されやすい時間帯であるからです。

肌のハリや弾力、うるおいを維持する為には、肌のゴールデンタイムに毎晩ぐっすり眠る必要があります。

日中に行った有酸素運動と無酸素運動によって、基礎代謝や新陳代謝の能力がアップすると、睡眠中の肌のターンオーバーは一層活発になります。

つまり、十分な睡眠時間が適切な時間帯に確保されないと、アンチエイジングの効果は現れにくくなります。

さらに、ストレスを抱えていたりや緊張状態にあると、リラックスして質の高い睡眠に入ることができません。

睡眠の質に自信がない人は、眠りにつく前から好きな香りのアロマキャンドルを焚いたり、心地よい音楽を聴いてリラックスするのがおすすめです。

毎日、質の高い睡眠をとることで、健康と美容の両方を手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする