腸内環境を制して健康と美容を手に入れよう!

近年、腸内環境への関心が高まっています。

健康や美容など、さまざまなこととって腸内環境を整えることの重要性が明らかになってきているからです。

今回は、腸内環境とは何かを改めて説明したうえで、腸内環境の改善によって得られるメリットについて解説します。

1:腸内環境とは

腸内環境とは、大腸の中の健康状態を指しています。

われわれ人間が全身の健康を保つために、大腸は非常に大切ないくつもの役割を担っています。

口から摂取した食べ物は、胃や小腸を通って栄養が吸収されて消化していく間に、徐々にドロドロとした液体に変化していきます。

そのまま大腸にまで達した食べ物は、その内部で水分を吸収されていき、最後は便と化して身体の外へと排出されるのです。

大腸の一番大きな役割は、便を作ることだといえます。

2:腸内フローラとは

大腸の内部には多種多様の細菌が生息しています。

これらの細菌は腸の内壁をまるで花畑のよう覆い尽くしていることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

テレビや雑誌で最近よく目にする言葉でしょう。

腸内フローラには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌3種類があります。

この腸内フローラがバランスよく大腸の中に存在している状態を保つことが、健康や美容につながっていくのです。

腸内フローラのバランスがよい状況は、腸内環境が良好な状態に維持されていることを示しています。

腸内環境が良好な状態に保たれていると、便秘や下痢といった腸の不調が改善され、肌荒れ・

ニキビといった美容関係のトラブルが起こりにくくなります。

このことは、非常に大きなメリットであるといえるでしょう。

さらに、腸内環境を整えることで、便やおならの臭いが軽減され、身体が丈夫になって風邪をひきにくくなったり、代謝が良い状況を保ってダイエットや便秘にも効果が期待できます。

3:腸内環境が乱れると起こりうること

腸内環境の乱れは万病のもとといっても過言ではありません。

まず、腸内に便が長くとどまっていると、悪玉菌と呼ばれる腸内環境を悪化させる菌が増えます。

悪玉菌から排出される有害物質が、血管を通って全身を循環することで身体が冷えたり、頭痛・肩こりといった不定愁訴が引き起こされるおそれがあります。

腸内環境のバランスが悪いほうに崩れると、腸壁から栄養が十分に吸収されにくくなります。

このような状況に陥ると、腸はより多くの栄養を摂取できるよう働こうとします。

必要以上の栄養分を吸収しようとすると、皮下脂肪や内臓脂肪を蓄えようとしてしまい、ダイエットにも悪影響を与えます。

また、腸は最も大きなデトックス機能をもつ内臓です。

つまり、腸の働きと仕組みを正しく理解して腸内環境を整えることで細菌やウィルス、老廃物といった有害物質を便として適切なタイミングにスムーズに排出できるようになるでしょう。

さらに、腸は排出機能だけではなく、脳の神経とも深いつながりがあります。
「迷走神経」と呼ばれる、感覚や運動を支配する脳神経です。

このように、身体の大切な免疫機能が集中した器官であることから、腸内環境をよい状態に保つことで、自身の健康をうまくコントロールできるようになることも夢ではありません。

反対に、腸内環境が悪化すると大腸がんのリスク因子となる物質を作り出してしまうおそれがあります。

がんなどの生活習慣病を発症するリスクを下げるためにも、腸内の善玉菌の比率を増やし、最善の腸内環境を保つことは重要です。

4:腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには、食生活を改善することが不可欠です。

ファストフードやスナック菓子といった油分の多い食事を控えて、和食などの野菜が多くバランスの良い食生活を送ることが重要です。

腸内に存在する善玉菌の栄養となるような食べ物、たとえば乳酸菌を含むヨーグルト、味噌に代表される発酵食品などを積極的に摂取してください。

善玉菌の数を増やすには、食物繊維やオリゴ糖をたくさん含んだ食べ物を意識して摂取しましょう。

なお、食物繊維には水に溶ける性質の「水溶性食物繊維」と、水に溶けずに、水分を吸収することで大きく膨らむ性質がある「不溶性食物繊維」の2種類があります。

善玉菌を増やすためには、どちらか片方ではうまく作用しません。

両方の食物繊維をバランスよく摂取する必要があります。

不溶性食物繊維は、水溶性食物繊維の2倍の量を摂取することを心がけるとちょうどよいバランスになり、腸の粘膜を保護する作用が十分に発揮されます。

これまでに述べたように、大腸は決して食べ物を吸収して排出するだけの働きをする器官ではありません。

腸内環境をよい状態に保つことで、自身の身体の状態をうまくコントロールできるようになります。

正しい知識をもって、腸内環境を制し、健康と美容を手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする