脂肪燃焼の働きについて

これからダイエットをしたいと考えている人にとって「脂肪燃焼」はとても重要だと思います。

今回はそんな脂肪燃焼の働きを知る事で効率良く落とせる方法を紹介していきます。

脂肪燃焼の働きについて

私たちがよく口にする「脂肪」とは日々の生活の中で過剰に摂取されたエネルギーが形を変えたものをいいます。

脂肪はそのままの形ではエネルギーとして消費する事が出来ないので、まずは一度、脂肪を「遊離脂肪酸」と「グリセロール」に分解してから遊離脂肪酸をエネルギー源として消費する必要があります。

ただし分解された遊離脂肪酸はエネルギーとして消費されない場合には再び合成されて脂肪に戻ってしまいますので注意が必要です。

よく「有酸素運動は20分経過後に脂肪燃焼が始まる」といわれるのは20分程度の有酸素運動により脂肪の分解が行われてから燃焼が始まるという事がいわれています。

しかし最近の調査では実際には運動開始直後から脂肪燃焼が行われて運動終了後も継続されるので20分未満の運動でも脂肪燃焼に効果があるという結果も出ているそうです。

なので20分という時間にこだわらずにお家やオフィスなどでの分断・細切れ時間をちょっとした運動にする事でも脂肪燃焼効果は期待出来るんです。

ただし脂肪燃焼には遺伝的要素もあり、人によっては太りやすい人や太りづらい人もいますので体脂肪を減らす効率が悪かったり、筋肉がつきづらいなどの影響も出る場合はあります。

脂肪燃焼する方法

1:運動

脂肪燃焼には運動が効果的です。

運動する事によりエネルギーが消費されて脂肪が分解されます。

分解された脂肪の「遊離脂肪酸」はエネルギーが不足状態の時にはエネルギー源として使われて、再合成されずにそのまま燃焼させる事が出来ます。

脂肪を燃やす為には「ウォーキング」「水泳」「自転車」「ジョギング」「社交ダンス」などの継続して適度な負荷をかけ続ける有酸素運動が効果的です。

具体的に有酸素運動の週間目標としては1週間に180分以上を目指してみましょう。

運動に慣れていない人はいきなりやると負担が大きいかもしれないので、まずは近所の散歩などから少しずつでもいいので楽しみながら継続出来るようにしてみる事をおすすめします。

しかし有酸素運動をより効率的にして、日常生活の中でも継続して脂肪燃焼を促す為にも同時に「腕立て伏せ」「ダンベル」「スクワット」「懸垂」「腹筋」などの瞬間的に大きな負荷をかける無酸素運動も行うとより効果的です。

無酸素運動により筋肉が大きくなると筋肉を維持する為に必要なエネルギーが大きくなり、何もしていない状態でもエネルギー消費量も大きくなります。

2:食事

脂肪燃焼には食事を気をつける必要があります。

人は何もしなくてもエネルギーを消費し続けており、これを基礎代謝といいます。

1日に消費する総エネルギーのうち7割は基礎代謝だといわれています。

このエネルギーは内臓を動かしたり、基礎体温を保つのに使われており、脂肪燃焼と基礎代謝は非常に重要な関係があります。

食事で摂取するエネルギー量が1日の基礎代謝量よりも多い場合、余計な摂取エネルギー分は脂肪につながる可能性がありますので注意が必要です。

また基礎代謝により食事を摂らなかったり過剰に抑える事により脂肪燃焼は行われますが、その場合には身体が延命の為に筋肉の分解も行ってしまうのでおすすめしません。

脂肪燃焼をして痩せたいと思っている人はあくまで「健康的に痩せたい」と考えているはずです。

なので無理な食事制限だけに頼らずに栄養バランスを踏まえた食事と運動により痩せる事が理想的だと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする