ストレス解消に効果的な5つの方法

日々の生活で溜まっていく「ストレス」は、健康に悪い影響を与えます。

ですが、ストレスを感じないで暮らすことは難しいですよね。

そこで、ここでは身体に悪影響を及ぼすストレスを上手に解消するための方法を5つ紹介します。

1.運動をする

運動はストレスを解消する方法としてとても有効です。

なぜ運動がストレスの解消に有効なのかというと、運動することによって脳内で分泌されるある物質が関係しています。

適度に身体を動かすと「エンドルフィン」や「セロトニン」という物質が脳内で分泌されます。

エンドルフィンは「脳内麻薬」とも呼ばれており、人に強い多幸感をもたらします。

長距離を走り続けているときに辛さを忘れるいわゆる「ランナーズハイ」は、このエンドルフィンが引き起こします。

セロトニンも幸福感をもたらす物質で、うつや不眠症などの症状にも効果があるといわれています。

バナナを食べて朝日を浴びると生成される、ということはよく言われますが、運動でも分泌されます。

このように身体を動かすと「幸せ」をもたらす脳内物質が2種類も分泌されるため、運動はストレス解消に有効なのです。

ストレスが溜まって疲れている状態だと、身体を動かすのが億劫になってしまうかと思います。

ですが、身体を動かした方が実は楽になるということは、頭の片隅に置いておいてください。

ひとりでは運動する気になれないという人は、誰かと一緒に運動をしてみましょう。

例えば、スポーツジムに会員登録したり、スポーツ系のクラブや教室に入ったりするといいかもしれませんよ。

2.食事をする

実は日々の食事によってもストレスは解消することができます。

食事によってストレスが解消される理由は、多岐にわたります。

まず「食べる」という行為そのものがストレスを解消するのに有効、という理由がひとつです。

食べることで張りつめていた気持ちが和らぎ、緊張が解れることでストレスが解消されるのです。

また、前の項でも触れた「セロトニン」という物質を作るのに必要な栄養素を摂取できることも理由のひとつです。

必要な栄養素が不足していては幸せな気分をもたらしてくれるセロトニンが作れません。

つまり食事で必要な栄養素を摂ってから、身体を動かすとより効果的ということですね。

さらに、ストレスを感じたときに消費されてしまう栄養素を補給できることも、食事でストレスが解消される理由のひとつと言えます。

具体的には「タンパク質」「ビタミンB」「ビタミンC」「カルシウム」「マグネシウム」などがその栄養素に当たります。

最近ストレスの多い生活を送っているなと感じたら、これらの栄養素を意識的に摂ってみましょう。

強いストレスを感じていると中々食欲もわかないかもしれませんが、食べることもこのようにストレス解消に繋がるのです。

例えば、ちょっとだけ贅沢なものを食べてみたり、ひとりでは食欲がわかない人は誰かと一緒に外食をしたりするなどがおすすめです。

とはいえ食事がストレスになっては元も子もありません。

楽しく、無理なく食事をして、上手にストレスを解消出来たら良いですね。

3.睡眠を取る

睡眠によってストレスが解消されることは、既に実感を持っている方も多いのではないでしょうか。

逆に、睡眠不足に陥ったときにはイライラしやすくなったり、注意力が散漫になったり、判断力が低下したりしますよね。

その原因は「自律神経」です。

ストレスを感じている状態=自律神経が乱されている状態、という場合はままあります。

このような場合、睡眠には自律神経やホルモンバランスを整える効果があるのでストレスが解消されるのです。

ただし、この場合、ただ長い時間眠ればいいというものではありません。

質の高い睡眠を取ることが必要です。

質の高い睡眠を取るためには、以下のことを心がけると良いそうです。

・就寝前のスマホ・パソコンもNG(画面から発せられるブルーライトが睡眠の質に悪影響を及ぼします)
・就寝前のアルコールはNG
・ホットミルクを飲む
・半身浴をして血行を良くする

全部実践するのは難しいという方は、せめて最初の「就寝前のスマホ・パソコンNG」だけでも守ると良いです。

どうしてもスマホやパソコンを使用しなければならない場合は、ブルーライトをカットする眼鏡や画面フィルムを利用するのもひとつの手ですよ。

4.カラオケに行く

カラオケに行って大声で歌うこともストレスの解消に繋がります。

それはそうかもしれないけど気持ちの問題じゃない? と思われる方もいるでしょうが、実はちゃんとした理由があるのです。

まず、好きな歌を、大きな声で、思うように歌うことで「ドーパミン」や運動の項でも触れた「エンドルフィン」といった物質が脳内で分泌されます。

これらは、ストレスの解消にとても効果がある物質です。

また、カラオケに行くと普段の生活では出さないような大きな声を出すことができます。
日常では思い切り大きな声を出す機会はなかなかありませんよね。

なんと、カラオケで大きな声で歌うことには、自律神経を整える作用もあるのです。

人と一緒だと思うように歌えない、恥ずかしいという人はひとりカラオケに挑戦するのもいいかもしれませんね。

初めはちょっと勇気がいるかもしれませんが、最近では珍しくないそうですよ。

5.映画を観る

映画を観ることもストレスの解消に効果があります。

また実は映画に限らず、小説や漫画、テレビドラマなどにも同じ効果が期待できます。

重要なのは「感動して涙を流す」ことです。

泣くという行為にはマイナスイメージがありますが、実はため込んでいたストレスを開放し、リラックス状態をもたらしてくれます。

大人になると思い切り泣ける機会ってあまりなくなりますよね。

疲れた時には感動できる映画などを観て、時々、思い切り涙を流してみるといいかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする