薄毛や抜け毛が気になったらこれをやってみて!

最近、薄毛や抜け毛に悩んでいる人が増えてきていることをご存知でしょうか?

このような髪のトラブルは男性に多いというイメージがあるようですが、実際には女性にもこの悩みを持つ方が増えてきています。女性向けの育毛剤や薄毛対策のウイッグなどをショップや広告で見かけたこともあるでしょう。また、年齢も関係なく、若くて悩む人もまた少なくないのです。

そこでここからは、どうして薄毛などの髪の毛トラブルが増加しているのか、そしてその対策方法はあるのかについて、ご説明していこうと思います。

なぜ増加?薄毛や抜け毛を引き起こすその理由とは?

薄毛や抜け毛の原因

これらの症状が増加している理由としてまず考えられているのは、生活習慣が引き起こしたものということです。

たとえば食事という面から例を挙げると、不規則なタイミングで食事を摂りがちであったり、脂っこいものばかり食べて野菜不足だったり、ファストフードを多用していたりといった栄養が偏りやすい食事をつづけていると、髪へ栄養が行き渡らずトラブルを引き起こすようになるといわれています。

そしてもうひとつがストレスによるものです。精神的緊張、落ち着かない状態がつづくことにより、髪の代謝が阻害されて起こるのではと考えられています。

このほかには加齢により髪の毛の成長を促す物質が不足したため、冷え性などによる血行不良で髪の毛へ栄養が運ばれないため、洗髪のしすぎにより頭皮にダメージが与えられたため、などという原因が考えられます。

これらは性別や年齢を問わずに抱えている人のいる症状です。そのため、薄毛や抜け毛のトラブルに見舞われる人が男女年齢関係なく増えているということなのです。

どういった対策を行うのが薄毛や抜け毛に効果的なのか

1:食事を見直して対策しよう

髪の毛も肌や骨と同様に、食べ物によってきちんと栄養を行き渡らせることで健康的に保つことができるようになります。ですので、栄養ある食べ物をバランスよく摂取する、ということを念頭に食事の内容の改善に取り組んでいくと良いでしょう。

特に育毛効果に効果があるとされている成分をあげますので、食事作りの参考にしてみてください。

・ビタミンC
抗酸化作用により活性酸素の発生を抑え頭皮の健全な状態を保つのに役立ちます。またコラーゲンは頭皮の形成にも役立ちますが、このコラーゲンを効果的に体内へ合成する助けをしてくれるので、一緒に摂るとなおのこと効果的です。
ピーマンやパセリ、ケールなどに豊富に含まれます。

・食物繊維
腸内環境を良くすることで知られる栄養素ですが、血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きにより血流を健康に保ち、結果髪の健康状態を改善してくれます。
大豆や小豆などの豆類、ごぼうやにんじん、玄米などに豊富です。

・メラトニン
安定した睡眠を得るための重要な睡眠ホルモンであるメラトニンは成長ホルモンを分泌し、眠っている間に心身を安定させる働きを持ち、髪の毛の健全な生育をも促します。
ケールやとうもろこし、オーツ麦などに含まれます。

・亜鉛
タンパク質を髪の毛へと構成させていくために必要不可欠な栄養素ですので、積極的に摂取すると発毛に役立ちます。
牡蠣やうなぎ、牛肉やチーズなどに含まれます。

・βカロテン
体内でビタミンAへと変換される栄養素です。ビタミンAには皮脂汚れの排除に役立つ新陳代謝が促されるため、健康的な頭皮を維持するのに欠かせません。
にんじんやモロヘイヤ、しそやよもぎなどに含まれます。

逆に、髪の毛の状態を悪化させてしまうので避けたほうが良いのは、ファストフードやインスタント食品類、そしてアルコールなどです。塩分や糖分の多い食べ物、刺激性の強いものなどがよくない、というわけですね。

これらのことに日々気を配りながら、薄毛・抜け毛の改善を目指していきましょう。

2:ストレスの原因を解消して改善していこう

現代人につきもののストレスは、心身にさまざまな不調を起こしてしまうやっかいな代物です。ストレスにより自律神経が不安定になると、血流の流れも滞り、正常に髪の毛に栄養が届きづらくなって、その結果薄毛や抜け毛をもたらすこともあるのです。過大なストレスにさらされた人が一晩で白髪になった…というのはけして都市伝説ではないのです。

では会社や家事で忙しい現代人にはどういったストレス解消法が良いのかというと、それはもちろんその人の個性によります。自分がそれをしているときに心が解き放たれる、爽快感を感じるようなものをひとつでも見つけられ、打ち込むことができれば、ストレス解消へ役立つでしょう。

たとえばカラオケ、ジム通い、ライブにドライブ、ショッピング…、インドア派なら映画やゲームに没頭するのでも良いでしょう。ストレスを与えられる環境下から逃れられる「自分だけの居場所」を見つけることが大事です。

3:質の高い睡眠で睡眠ホルモンを働かせて髪を甦らせよう

睡眠中には脳と身体そのものは休んでいるものの、身体の中はずっと働きつづけています。主に成長ホルモンの働きにより、肌や内臓、そして髪の毛も新陳代謝を行い健康を整えようとしているのです。

成長ホルモンは通常睡眠後3時間以内に多く分泌されるといわれています。そのため、この時間帯にしっかりと深い眠りを得られていることが理想的です。

このためには寝る前の行動がとても大事で、入浴は湯船にも浸かってしっかりと体を温めて疲れをほぐしておくこと、食事は睡眠の3時間前には済ませておくこと、寝る直前まで飲酒しないこと、テレビやパソコン、スマートフォンなどの明るすぎる画面を見ることも寝る前は避けること、などが有効です。

照明を暗めに落としておく、読書を楽しむ、アロマオイルをたくなどして、眠りやすい環境を整えておくのも良いでしょう。

4:運動を日常生活に取り入れてみよう

身体を動かすことは身体の代謝能力を高め、血行促進の効果も持つので、髪の毛にもその効能が及び栄養がきちんと行き渡るようになります。

また、ストレス解消にも役立ちますし、適度な身体の疲れは良い睡眠を得るにも役立ちます。ウォーキングやストレッチなど軽いものからでも充分なので、少しずつ日常に取り入れていくようにしましょう。

5:禁煙のススメ

さまざまなかたちで健康に悪影響を与える喫煙ですが、髪の毛にも良くありません。

喫煙するとニコチンの作用により血管が収縮し、血流を阻害します。そのため身体のすみずみにまで栄養素を充分に行き渡らせることが難しくなります。その影響を受けて髪の毛も栄養が届かず、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまうのです。

また、喫煙は一酸化炭素を発生させ頭皮の代謝を保つのに必要な酸素の不足を招きます。これにより頭皮の状態を悪化させてしまい、髪の毛のトラブルにつながります。

百害あって一利なしといわれる喫煙ですから、できればこれを機会にすっぱりと止めてしまったほうが身体全体のためにも良いでしょう。

当サイトのおすすめ商品は?

藍の青汁は3種の青汁原料と国産の藍の効果によりこれまでの青汁と比べて濃くて美味しく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする