大人ニキビができる原因と治すための方法

ニキビは思春期に現れる「思春期ニキビ」と、成人を迎えてから現れる「大人ニキビに」に分けられます。

思春期ニキビは、思春期にホルモンのバランスが乱れることで現れます。

たくさんの皮脂が分泌されるため、毛穴に皮脂が詰まってしまい、おでこや鼻にニキビができるのです。

ただし、思春期ニキビは正しいケアを行えば、改善されます。

では、あごや口の周りにできる大人ニキビを治すことは可能でしょうか。

大人ニキビには、過剰な皮脂の分泌のほかに、ニキビができてしまう原因がいくつかあります。

大人ニキビができる原因を把握して、大人ニキビを改善する方法を学びましょう。

大人ニキビが現れる原因

・野菜不足
・ストレス
・睡眠不足
・喫煙など

大人ニキビができる原因は、人によってそれぞれ違います。

うえに挙げた原因のほかにも、大人ニキビの発生と関わる要因が潜んでいます。

大人ニキビの原因はひとつとは限りません。

そのため、大人ニキビを治す場合は、野菜不足・ストレス・睡眠不足に関係した「生活習慣」

を見直すことが先決です。

大人ニキビを改善する方法

1:食事

大人ニキビができやすい人は、ビタミンとミネラルが不足しています。

食事から、ビタミンとミネラルを摂りましょう。

ビタミン・ミネラルを含む食材は、次のようなものが挙げられます。

【ビタミン・ミネラルを含む食べ物】

・ビタミンA:人参、ウナギ、ほうれん草、かぼちゃ
・ビタミンB:卵、牛乳、ヨーグルト、納豆、うなぎ、ブロッコリー、ナッツ類
・ビタミンC:イチゴ、みかん、レモン、アセロラ、キウイ、グレープフルーツ
・ビタミンB6:サンマ、マグロ、大豆、バナナ
・ビタミンE:ウナギ、かぼちゃ、ほうれん草、モロヘイヤ
・亜鉛:牡蠣、玄米、豚・鶏レバー、そば、ごま、
・カルシウム:乳製品、大豆製品、干しエビ、ワカサギ、マイワシ、乾燥ワカメ、ケール、小松菜、モロヘイヤ

2:ストレス

人はストレスを感じると男性ホルモンを分泌させます。

さらに、ストレスに対抗するために副腎皮質から抗ストレスホルモンも分泌させます。

ただ、抗ストレスホルモンは、男性ホルモンの分泌も促してしまいます。

そのため、ストレスと受けると、男性ホルモンの分泌量が増えてしまうのです。

男性ホルモンが増えると、皮脂がたくさん分泌されます。

すると、皮脂が毛穴をふさいでしまい、ニキビができやすい環境がつくられてしまいます。

大人ニキビを治したい方は、ストレスの解消法を探しましょう。

ストレスの元を断つことが難しい場合は、溜め込まずに少しずつ発散する工夫を凝らしてください。

3:睡眠

人の体は、眠る間に成長ホルモンを分泌させます。

新しい肌が古い肌を押し出す「ターンオーバー」を行うためです。

睡眠時間が足りないと、成長ホルモンが十分に分泌されません。

これでは、大人ニキビができやすい肌をつくってしまいます。

肌の代謝を促すためには、睡眠をしっかり摂ることが大切です。

睡眠時間は6時間以上を確保しましょう。

また、眠り始めてからの3時間に、成長ホルモンが多く分泌されます。

眠り始めてから90分後に訪れる深い眠りでは、成長ホルモンの分泌量が一番多くなります。

大人ニキビを改善するには、「睡眠時間を確保すること」「眠り始めてからの3時間を大切にすること」を守りましょう。

これで、ターンオーバーを促してくれる成長ホルモンを、獲得することができます。

4:スキンケア

誤ったスキンケアを行うと、大人ニキビをつくる原因になります。

日焼け止めを塗らずに外出すると、紫外線を浴びて、コラーゲンやエラスチンの性質を変えてしまいます。

すると、肌のターンオーバーの周期が乱れて、大人ニキビができやすい環境をつくってしまいます。

紫外線が強い季節に外へ出るときは、日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守るスキンケアが必要です。

また、洗浄力の強い洗顔料を使うときも、注意しなくてはいけません。

肌を守る皮脂までを洗い流し、乾燥を招いて、角質層を厚くさせてしまいます。

厚い角質層はターンオーバーが上手に行われなかったり、毛穴が伸縮してくれなかったりします。

すると、毛穴が詰まりやすくなり、大人ニキビができてしまいます。

スキンケアを行う場合は、皮脂の取り過ぎに注意をしましょう。

洗顔のあとに保湿を行うと、必要な油分を保つことが可能です。

当サイトのおすすめ商品は?

藍の青汁は3種の青汁原料と国産の藍の効果によりこれまでの青汁と比べて濃くて美味しく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする